コメント・伝言 :114 件 (5件毎に表示される) 
1 6 11 16 21 26  31▼ 36 41 46 51 56 61 66 71 76 81 86 91 96 101 106 
111 
( 31 ) 紀香 さん のコメント・伝言: 
2012年04月02日 20時39分
サプトさん。影丸さん。Hpリニューアルお疲れ様です!
( 32 ) 管理者 さん のコメント・伝言: 
2012年04月01日 06時47分

高速無料措置継続は、瓦礫運搬や仮設建設のボランティアのみ。

よって、物資配布、お茶っこ、傾聴、炊き出し、イベント等のボランティアは、対象外。

瓦礫運搬をしているボランティアがどれほどいるのでしょうか?

ダンプを持ち込みでやっているボランティアがいるのでしょうか?

直後は、解体やさんなど重機持込ボランティアがいましたが

今は、聞きませんが。。。

高速代、ガソリン代が掛かるので、余裕のある団体しか行けなくなりますね。


( 33 ) sumihara さん のコメント・伝言: 
2012年03月26日 05時35分
シュミートの北海道の方にメールを送ったのですが、来年の三月くらいには東北で会いたいねって。どちらも体が弱いし今日の日記を読んで貰えると分かると思うのですがお金が無くなるかも知れないのではっきりとは言えませんが、どうしても来年の3月11日には被災地の地に居たいと思っています。その時には紀香さん力を貸してもらえますか?身体を整えてお金の工面も真剣にやっときますので。
回答者 :紀香 ( 2012-03-26 18:55:53 )
25.3.11
何かお役に立てればと思います。
東北の3.11は、まだまだ寒いですよ。
体の調子を整えて、お会いできると良いですね!
また、その日が近くなる年末にでもお話いたしましょうね!
( 34 ) 管理者 (admin) さん のコメント・伝言: 
2012年03月22日 14時56分
支援してくださった方々へ
支援金については、義援金とは取扱いがだいぶ違うことになります。

 支援金は、あくまで被災者のために活動するNPOに対する活動支援としての寄付ですので、発行するのは預り証ではなく、そのNPOの領収書です(ただし、この場合にも、単にNPOが受付団体になっているだけで、そのお金がほかのNPOなどにそのまま支給される場合には、発行するのは預り証であり、領収書は支給したNPOから発行します)

 発行する団体が、認定NPOや公益社団、財団法人などの場合には、その団体が税制優遇を受ける団体である旨を記載する必要があるので、一般のNPOと、税制優遇を受けるNPOに分けて書きたいと思います


一般のNPO
 税制優遇の対象とならないNPO法人や一般社団・財団法人、あるいは任意団体などが支援金を受けて、被災者支援のための活動などに使った場合にはどのような手続きが必要でしょうか?

 このような場合には、そのNPO法人等は、寄付者からの要望に応じて領収書(あるいは「受領書」)を発行することになりますが、この領収書は、確定申告に添付しても、寄付金控除などの適用を受けることはできません。

 領収書にどのようなことを書くかは、決まりはありませんが、一般的には、その法人の名称、所在地、代表者の氏名及び印、受領した年月日、受領した金額などを記入します。

 また、領収書に貼る印紙は、NPO法人や一般社団・財団法人などの非営利法人は非課税になりますし、任意団体についても、営業に関する領収書ではないので、非課税になります。



( 35 ) 紀香 さん のコメント・伝言: 
2012年03月19日 18時50分
皆様へ
地元ニュースをご覧いただけませんか?
福島から大熊町の今が発信されています!
コメント・伝言 :114 件 (5件毎に表示される) 
1 6 11 16 21 26  31▲ 36 41 46 51 56 61 66 71 76 81 86 91 96 101 106 
111 

コメント 

コメント 追加

コメント内容を書いて下さい









  @copyright 2011市民ネットワーク やっぺし東北 ( 開発:ADITUSOFT.COM )    Date : 24/May/2018 Time 11:32